あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、Roots Shopのブログ2019年初投稿です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年明けから猪苗代は日に日に冬の寒さが厳しております。
いつもより雪は少ないですが、例年通りの白銀の世界。
寒くてたまらないですが、澄んだ空気を深呼吸すると気持ちがいいです。

Roots  Shop では19日から『あったかウール展』が始まりました!

手編み靴下・ミトン・帽子・ストール・フェルトバッグ・コースター・じゅうたんなどの温かなウールアイテムを展示販売しています。

せっかくなので、ウール靴下やミトンの産地であるヨーロッパの国・ラトビアのご紹介を少しだけ。

ラトビアは北欧に位置する国で、ヨーロッパとロシアの中間に位置しています。
宗教や文化の交流地点として様々な国の風習を取り入れ、独自の文化として大切に育ててきたそうです。

(まるでおとぎ話の国のよう。)

ラトビアから届く編み物には、幸福への祈りや健康への願いなど、ひとつひとつの編み込まれた模様に意味が込められています。日々の暮らしをとても大切にしている国から届いた編み物は、使うごとに優しい気持ちになれるようです。

あったかウールアイテム展示の隣では、羊毛と育てる「羊毛時間」のワークショップも開催しています。
宮城県石巻市の羊牧場にて、羊の毛刈り、洗い、糸紡ぎ、染め、織りまでの一連の作業を行うプロジェクト「いとのまき」に参加している羊毛作家・吉田麻子さんを講師にお迎えし、「羊毛の糸紡ぎ体験」と「フェルトのルームシューズづくり」を行っています。

(羊毛作家の吉田さん。会期中は糸車でくるくる糸を紡いでいます。)

せっかくの機会なので、スタッフも糸紡ぎ体験をさせて頂きました!

スピンドルと呼ばれるコマのような道具に羊毛の先を巻き付け、力強く回した遠心力を使って、ふわふわの束だった羊毛を一本の糸に撚りをかけて紡いでいきます。

スピンドルが回っている間は、手で支えていないので
「糸が切れないのかなぁ」とドキドキしました。
でも不思議と切れないのです!羊毛はすごいですね〜。


(スピンドルのくるくる回る遠心力で糸が出来ていきます)

スピンドルを回すほどに長くなっていく糸に、「出来てる!出来てる!」と、今度はワクワクしました。

この感情の移り変わりを、ぜひ多くの方に味わって頂きたい!
ワークショップはまだまだ参加可能なので、ぜひご参加下さい。
(糸紡ぎは当日参加可能。ルームシューズ作りは要予約。)

吉田さんが教えてくださる羊毛のことも面白いです。
日本での羊毛の歴史や、現在行われている活動など、この機会に知って頂けたら嬉しいです。

(店内は薪ストーブでぽっかぽか。暖かくしてお待ちしております!)

◇あったかウール展◇
1/19(sat)〜1/27(sun)
10:00〜 17:00
手編み靴下・ミトン・帽子・ストール・フェルトバッグ・コースター・じゅうたんなどの温かなウールアイテムをご覧いただけます。

◇糸紡ぎ体験◇
1/24(木) 26(土) 27(日)
①10:00〜11:30 ②14:00〜15:30
参加費:¥1,000
ご予約はこちら→http://greenlife.co.jp/event/event13443/

◇ルームシューズづくり◇
1/25(金)
10:00〜16:00
参加費:¥7,500(カフェ煙突の木のランチ付き)
※要予約
ご予約はこちら→http://greenlife.co.jp/event/event13446/

関連記事

この記事へのコメントはありません。