今日は、Roots郡山で『こども料理教室』を開催しました。

『こども料理教室』とは、かまどでご飯を炊いたり、かつおぶしを削ってだしをとったり、旬の野菜でおかずを作るといった「自分の手で食事をつくること」の楽しさを伝えるイベントです。

Roots郡山には、お料理やパンやお菓子作りがとーっても上手な「ゆきさん」というスタッフがいて(アベイエブログでも有名なゆきさんでもあります)、そのゆきさんが、包丁の使い方やおいしく丁寧なお料理の作り方を優しく教えてくれます。

そして、私はいつも焚火番長として、「俺のかまど」でお米を炊く係として、そのお手伝いをしています。

今日のメニューは「手巻き寿司とお吸い物と青菜のごま和え」でした♡

野菜を切ったり、卵を焼いたり、ゴマをすったり、レタスをちぎったり…。

小さいお友達から小学5年生のお兄さんまで、それぞれができることを分担しながらがんばってくれたおかげで、とってもおいしいお昼ごはんになりました😊

みんなで作って食べるとおいしいね!いつもご飯を作ってくれるお母さんやおうちの人に感謝だね!

ちなみに、タイトルにもありますが、「俺のかまど」というのは商品名です。

薪ストーブ屋さんventoの風間さんが娘さんにお米が炊ける様子を見せてあげようと購入されたそうですが、「1回見たから使っていいよ」と譲ってくださいました。

20~30分程度、小枝を燃やし続けるだけで、約2合分のお米がふっくらとしっかりと炊き上がるという、コンパクトながら優秀なアイテム。

毎回、子どもたちに大人気です!

毎月祝日に開催しているこども料理教室ではもちろん、プレーパークでもその実力を遺憾なく発揮してくれています。

最近では、お米を炊くだけでなく、スキレットと合体させて「焼きリンゴ」を作っちゃうママも現れました!

おとなもこどもも、わくわくしながらおいしいものを作るのって、ほんとうに幸せな時間。

今週末も焚火が恋しいお天気のようなので、火を使っていろんなおいしいものを焼いて、みんなで楽しみましょう♪

焚火で作る『しんちゃんのふるまいポップコーン』の登場も、楽しみにしていてくださいね!

関連記事