ゴールデンウィーク、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

私は、4/29(祝月)の『こども料理教室』 in Roots郡山(モデルハウス)に始まり、5/5(祝日)の『こども料理教室』in Rootsの森プレーパークで締めくくられました。

餃子に始まり、具だくさんカレーで締めるという、まるで男子高校生のような豊かな食生活でした。(なるほどどうりで私、少しふっくらしたような、しないような…泣)

メニューはいつも直前にゆきさんと相談して決めます。相談というか、私が食べたいものをゆきさんに一方的に伝えるわけですが、みんなで作ったお料理はほんとうに美味しかったです。

餃子の具の水を絞り忘れたり、カレー作りしている女の子の服にハチがとまって大泣きされたり、まぁいろいろなハプニングは起きましたが、こども達は皆いっしょうけんめいで、とても良い時間を過ごすことができました。

***

そして、連休中に私はあるチャレンジをさせていただきました。それは…『Rootsの森』にお泊まりするということ!!

盛岡に住む私の親友から『GWに猪苗代でキャンプしたい』『プレーパークで娘を遊ばせたい』という話を聞き、これは野遊びチャンス到来!とワクワクする私。

タイニーハウスの中にsnow peakのシュラフ(オフトン)を置くようになってから、何度となく『ゆかさんは、この家に住んでいるの?』と子ども達に質問され、その度に『住んでないよ』と答えていましたが、考えてみればタイニーハウスは立派な木のおうち。泊まろうと思えば、泊まれるよね…とタイミングを計っていたのでした。

社長に相談して即OKをいただき(笑)、水道はないから、水はタンクに用意して、トイレは森の端にある仮設トイレをお借りして、お風呂は日帰り温泉に行けば、問題なーし!!

***

そして、いよいよ当日。まずは、カフェ煙突の木のチコリソフトを食べて、長旅の疲れを森で癒してもらい…

お風呂や買い出しを済ませて森に帰ってきたのは、夜7時。それから友人夫婦は持参したテントをこっそり張り、私はタイニーハウス横に焚火を囲める食卓を用意して、バーベキューが始まりました。

ただ、外で食材を焼いて食べているだけなのに、なんだかおいしい。暗くてよく見えなくて、半分以上焦げてしまった食材も、なんだかおいしい。昔話にも花が咲きます。

夜8時を過ぎると隣のゴルフ練習場の照明も消え、夜の闇が私たちをすっぽり包んでくれました。空を見上げると、満点の星空✨…そして、5月とは思えない冬のような凍える寒さ!!

最終的には友人のテントは森に置き去りになり、みんなでタイニーハウスにお泊まりしたのでした。『やっぱり、家って安心するね』『タイニーハウスがあって、オフトンがあって、ほんとうに良かった』…自然の偉大さと厳しさを思い知る、忘れられない思い出が出来ました。

注意!Rootsの森は、キャンプ場ではありません。一般の方は宿泊できませんので、マネしないでくださいね。

関連記事

この記事へのコメントはありません。