桜の季節も過ぎ去り、猪苗代にも暑い日差しが届いております。

(Rootsの森に咲いた山桜は今年も見事でした)

GWに開催いたしました「World Rug Festival」にはたくさんのご来場を頂き大変ありがとうございました。
展示会中にオーダー頂きました絨毯は、遠く離れたネパール、モロッコの織子さんたちが一枚一枚大切に織り上げてくださいますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

そして、Roots Shopでは次の「本物」を届けるべく着々と準備中です。

遊牧民の織り上げる「アートギャッベ」。
前回ご紹介した「GOSHIMA絨毯」とはまた違った美しさを持つ絨毯です。

「GOSHIMA絨毯」は日本人の感性に寄り添った、シンプルな中の美しさを追求した美しさ。
「アートギャッベ」はイランに住む遊牧民カシュガイ族の感性をそのままに織り込んだ美しさ。
現在のRoots Shopにはギャッベの中でもひときわ美しい「11枚の厳選アートギャッベ」を展示中です。


まるで美しい絵画を展示する美術館のような店内です。


遊牧民の感性で織られた絨毯には、日本人の感性とはまた違う美しさがあります。
暮らしの中に広がる風景。
願いや祈り。
遠い国の人たちの暮らしに思いを馳せる。


オイルランプから浮き出る命の炎。
炎の形は糸杉や胎児の形とも言われます。
命の炎を絶やさないように、という願いが織り込まれているのかもしれません。
「ルリバフト」と呼ばれる、今回厳選したアートギャッベの中でも特に美しい一枚。


こちらは深紅に彩られた絨毯の一面に、ザクロの実が描かれています。
ザクロの実は強い生命力の象徴。
深いワインレッドのような赤色と優しい草木の緑のコントラストが目を引きます。

今回ご紹介したものは厳選した11枚の中のほんの一部です。
気になられた方はぜひ店頭にて直接ご覧頂けたらと思います。

前回から引き続き手織り絨毯をご紹介する展示会ではありますが、私たちが絨毯をご紹介するのは、海外の伝統文化の美しさをご紹介するのはもちろんのこと、絨毯が暮らしの中でかけがえのない一枚になると確信しているからです。

絨毯というとソファに合わせて敷く、というようなイメージの方も多いと思いますが、Roots Shopでご紹介する絨毯はそれとは全く違います。

一枚の絨毯が暮らしに迎えられることで、毎日の暮らしがさらに心地よくなり、絨毯の上で過ごす時間が増え、絨毯の上で育まれるたくさんの思い出ができ、あなたやご家族の暮らしのかけがえのない一枚になる。

そしてそのかけがえのない一枚は、多くの記憶を溜め込んで何十年先まで使い続けることができます。
そんな絨毯のある暮らしこそが、私たちのご提案する「本物と育てる暮らし」なのです。

あなたにとってのかけがえのない一枚に、ぜひ出会いにいらしてください。

==========================
【今後のイベント情報】

5/25,26(土、日) 10:00-18:00
「出張RootsShop in Roots郡山」
Roots郡山が、2019年5月25日(日)より新たにスノーピークアーバンアウトドアshop in shop(ショップインショップ)として生まれ変わります。オープンイベントに合わせて「出張RootsShop」を開催。作家小物・服・キリムなどを多数展示販売します。

<場所>Roots郡山 963-8044福島県郡山市備前舘1-25

5/24~7/21 10:00~17:00
「美しい絨毯展」

RootsShopではこれから7月までの間、全3回シリーズで手織り絨毯「アートギャッベ」の世界をご紹介していきます。今回ご紹介するのは、特別に厳選された11枚の「アードギャッベ」。イラン・カシュガイ族の織りなす自然豊かな色彩と文様の世界を存分にご堪能いただけます。
※7/6~21開催の「アートギャッベ200枚展」に先立って、「アートギャッベ先行販売、事前購入予約」を受付中です。詳しくは店頭にて。アートギャッベは全て一点もののため、お早めのご来場をオススメいたします。
==========================

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。