最近、あるドラマを見て思ったこと。

主人公の女性が「わたし考えてみたら、今まで自分の意志で遠くに行ってみようと思ったことがなかったし、自分の力で行ってみたいと思ったこともなかった。」というようなセリフを言っていて、

実はこういう感覚を持って生きている人って、大人も子どもも含めて周りにいっぱいいるのかな?と思うと、ちょっとゾッとしました。

Roots猪苗代にあるRootsの森では、毎週日曜日『やってみようからはじまる冒険』というモットーを掲げて、プレーパークという子どもたちが自然の中で自由に遊べる環境を提供しています。

私が特に「教えるプログラム」を提供するわけでもなく、むしろ大人には「なるべく手出し口出しをしないでくださいね」と伝えて、豊かな自然の中で、こども達に「主体性のある遊び」を体験してほしいと思い、活動しています。

それは「自分でやってみよう」と思ったことにチャレンジする感覚、自分でやってみて「うまくいった!」という達成感、「おもしろい!」という発見、「うまくいかなかった」という試行錯誤、そのすべてが、生きていく上でとても大切な経験値となるからです。

自然の中だから得られるきっかけ、刺激はたくさんあります。生き物の動きも、いっしょに遊ぶ友達の気持ちも、予測できないことがたくさん起こる。その中で、自分で楽しいことを見つけて、やってみる!という体験を、もっともっとたくさんのこども達に体験してほしいなぁと思います。

そして、のびのびと遊ぶこども達の姿を見守る大人のみなさんには、子どもよりどうしても先読みが得意だから、正直めんどうくさいから、ついつい発してしまう「汚れるからダメ!」「危ないからやめなさい!」「いい加減にしなさい!」となどという声をぐっとがまんしてほしいのです。

見守る大人たちに、「自分で決めてやってみることが大切よね」「あれこれ口出しするのはやめよう」とか「あの子のやりたいようにやらせてみよう」という感覚が持てるような、少しの心の余裕ができたなら、こんなに嬉しいことはありません。

さて、今週末8/24(土)・25(日)は、夏休み企画第3弾!!

Snow Peakテント 展示即売会『テントの森 in Roots猪苗代』を開催します(*´▽`*)

『Rootsの森プレーパーク』も、2日間同時開催です♬(天気予報がやっと回復して、ついに開催決定となりました!)

Roots郡山で販売しているスノーピークのテント、正直、箱に入っているだけでは「どんな大きさなのか」「どんな形なのか」「細かい部分がどんな感じなのか」よく分かりません(笑)

なので、Rootsの森に代表格5つを設営してみよう!という企画です。

今回、森に登場するのは、

➀エントリーパックTT(今年の春に鮮烈なデビューを飾ったタープとテントがセットになったエントリー向けパック)
②アメニティードームM(入門用テントとして圧倒的な人気を誇る風に強いドーム型テント)
③エントリー2ルーム Lフィールド(ベットルームとリビングルームが一体化したエントリー向けの2ルームシェルター)
④ランドロック(とにかくカッコいい!不動の人気を誇る大型テント。)
⑤ヘキサイーズ(一人の時間を贅沢に過ごす。ソロキャンパーのための快適テント)

テントにもいろんな個性がありますからね、実際に見て、触って、入ってみて、いろいろ感じてみてください♡

キャンプに興味はあるけど、テントは正直どれがいいのか分からない…と思っているそこのあなた(笑)

秋のキャンプベストシーズンに向けて、お気に入りのテントを探してみましょう!!

そして、子どもたちは涼しくなりつつある晩夏の森で、楽しいこといっぱい見つけて思いっきり遊びましょうね(^O^)

関連記事

この記事へのコメントはありません。