今月もあっという間に月末ですね。8月も終わり…夏の終わり…なんだかさみしい…。

でも振り返ってみると、この夏もたくさんの思い出を作ることができて、幸せな夏でした(*´▽`*)

定期開催2年目を迎えたプレーパークでは、夏休み企画を3つも立ち上げて、たくさんのファミリーと外遊びの楽しさを共有することができました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!!

そして「外遊び」をイベントではなく「日常」にしたいので、来月以降もぜひ足を運んでくださいね☆

さて、先週末は夏休み企画第3弾の『テントの森』を開催しました。

箱の中に入っているのを見ているだけでは、なかなか伝わってこないテントの魅力を、実際に森の中に設営して見て、触って、入って、体感していただこうという企画。

Roots工務店のスタッフ総出で、まず朝の森の清掃(草刈り)から作業がはじまり、約3時間かけて会場セッティングをしました。

5つのテントを森のひろばに汗だくで設営して、ふっと会場を見渡してみると、土曜日にも関わらず、たくさんの親子が遊びに来てくださっていました。

トンボやタニシ、キアゲハやカナヘビなど、生き物を捕まえる度に『ゆかさ~ん』と大きな呼んでくれる子どもたちの声。(トイレからあわてて森に戻ることもありました)

テントの中から『キャキャキャキャー』と楽しそうな声がするなと思ってのぞいてみると、パパとこども達が寝袋に潜って遊んでいたり、かと思えば、テントの中でスヤスヤと赤ちゃんを寝かしつけている場面をみかけたり。

幸せな風景をたくさん見せていただき、テントが売れることはひとつもなかったですが(笑)、やってよかったなぁと心から思いました。

思えば、奇跡的にお天気にも恵まれた週末でした。

日曜日の夕方には、猪苗代に「豪雨注意報」が出たよ!と連絡が入り、少し時間を早めに切り替えて、テントの撤収をはじめました。Roots工務店、RootsShopのみなさんにご協力いただき、あっという間にテントの森から通常の森へ。

雨に降られることなく、なんとか無事撤収を終えることができました。

さて、今週日曜日は、何をして遊びましょうか。

夏休みを終えて、久々の学校生活で疲れているだろうこども達、お盆休み明けの溜まった仕事を猛烈にこなして、ほっと一息つきたい大人達。

何をしても、何もしなくてもいい。自分のしたいことに忠実に、自分の心の声に耳を傾けて、森の中でリラックスしましょう♪

私もゆるりとお待ちしています(*´▽`*)

関連記事

この記事へのコメントはありません。