今日も本降りの雨が降りだしました☂

職業柄、一日に何度も天気予報をチェックすることが日課になっているわたし。郡山・猪苗代・福島市の3拠点の天気予報をだいたい2時間ごとに確認しては、一喜一憂しています。

自然の摂理、季節のうつろいを直に感じながらお仕事をされている農家さんや、大工さんなど外でお仕事をされる方は、きっと皆さんそうですよね。

風速7mがどのくらいの強さの風なのか、1時間に10mmの雨が降るのは体感的にどのくらいの雨量なのか。毎日気にしているので、天気予報に示される数字を見るだけで、どの程度かをリアルに想像することができます。

さて、今週日曜日には、ぜったいに晴れてほしい(雨が降らないでほしい)楽しいイベントが控えています。

その名も『組んでバラせるジャングルを作ろう!』

夏に『サマーピクニック』というイベントで開催して大好評だった、無垢材を使って組み上げるジャングルジムが、Rootsの森に再登場します!!

「組んでバラせるジャングルジム」とは、日本の伝統的な大工技術を応用して作られた木製のジャングルジムです。

杉の間伐材で作られたジャングルジムなので、触り心地も香りも良く、釘やネジ、ボルトなどの金属類やプラスチックは使っていません。

柱と貫(水平方向に差し込まれている板)の組み合わせは、地震の多い日本列島の中で生き残ってきた手法であり、揺れても倒れない自立する木造建築の技術の中心を成しています。

大人もこどもも一緒に組み立てに参加しながら、木の温もりや優しさ、木を使う生活の知恵に触れることができるという、素晴らしい内容です。

ジャングルジムを組み立て指導をしてくれるのは、猪苗代で無農薬の伝統野菜を作りつつ、森のようちえん「こめらっこ」の活動をしている農家さん「のうのば」の土屋くん(通称つっちー。写真左側です笑)

つっちーが分かりやすくやさしく組み立て方法を指導してくれるおかげで、こどもとおとな合わせて15名程でコンコンコンコン木槌で木を打って、前回は作り始めてから約40分ほどで完成。

タイニーハウスの前に、素敵な木製ジャングルジムが出来上がりました!!

ジャングルジムを作るこの日は、Roots猪苗代集合で『Rootsの家ツアー』も開催されます!

訪問するおうちは、わたしもニュースレターの取材で訪問させていただいたことのあるK様邸と、いつも一緒に仕事をさせてもらっているRoots郡山スタッフのゆきさんのおうち。2本立てで見学できますよ。

K様邸は、広いリビングにあるカッコいい薪ストーブと、吹き抜けによる開放感が特徴的な山小屋風の素敵なお家です。

お話を伺った際も『住んでみて感じるのは、家全体、特に床のあたたかさ。こだわりのウッドデッキは、家族やご近所の方など自然と人が集まる場所になりました』と話すご夫婦の嬉しそうな笑顔がとても印象的でした。

ジャングルジムは午前中に組み立てますので、プレーパークで遊んでから『Rootsの家ツアー』に参加することも可能です(*´▽`*)

お申し込みは、☎0120-91-3969 または✉toiawase@roots.jp までどうぞ!

今のところ、27日(日)の天気予報はくもり🌥 最高気温は15℃。焚火の恋しい季節なので、みんなで焼き芋焼いて食べるのも良いですね~😊

紅葉深まる猪苗代にて、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

関連記事

この記事へのコメントはありません。