久しぶりに会った友人。

家を建て替えると言う。

もう?   なぜ???

築23年で、まだローンも終わってないらしいのですが。

かなり酷くシロアリにやられたらしいです。

片付け上手で、いつも綺麗にしてるのに。。。

建替えるほどってどんなにスゴイ事になっているか、考えただけでゾッとします。

他人事でなく胸がサワサワしました。

シロアリは湿気を好むので、換気を充分にすることが重要だそうです。

雨漏りしたり、結露だったりする個所があれば要注意です。

湿気がこもらないようにするのが予防のひとつです。

外壁沿いには物を置かないのも対策。

特に木材・薪など土にじか置きはしない方がよいそうです。

土の上に置いた木材は、シロアリの格好の餌になります。

直に置かないで風を通す工夫をするか、ビニールシートを敷くなどするだけで違うようです。

そう言えばタイルを敷いていたら、タイルの下には蟻と蟻のタマゴ。。。

主人に怒られましたっけ。。。泣

-----    ------   ------

我が家は築28年で別地に新築しました。

建てるきっかけは、屋根の老朽化(サビなど)と寒い事。

断熱材が、たぶん湿気だと思いますが縮んで無くなってしまってた事。

屋根は、さび取りメンテしてたのに数年でダメになってしまった事。

息子達が皆、就職し学費払いが無くなった事。

タイミング的にピッタリ合った感じで新築に至りました。

Roots工務店では、基礎付近の構造木材にエコボロンという防蟻・防腐剤を使用しています。

我が家も構造材もすべて無垢材を使用しているからこその、エコボロンで予防されています。

エコボロンで半永久的に安心です。

私達の健康にも安心なエコボロンのようです。

来月で築丸3年で、近く定期点検もあります。

隠れた部分までよーーーくと点検して頂きましょう!

自分たちで日ごろはいつも見れる表面は確認しお手入れして、変化があれば気づくはずです。

気づくのが早ければ早いほど補修が万全にできますね。

お手入れがこまめに行われていれば、補修の頻度は少なくて済みますね ❤

おうちに帰ったら、じっくり我が家を観察してみてください!!

 

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。