先日は『Rootsの家 新築完成見学会』に、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

普段の週末は、土曜日はRoots郡山の店頭に立ち、日曜日はRootsの森プレーパークのプレーリーダーとして活動していますが、

先日開催された11月の新築完成見学会に、『保育士』としてお手伝いにいって参りました。

(プレーパークのお留守番をしてくださった常連ママの皆さん、ありがとうございました!!)

今回の『新築見学会』は、今までの見学会と違って、お客様の貸し切り時間を大切にした『体験型』の見学会でした。

家を建ててくださったお施主様のご厚意により、見学にいらしたお客様には、一定の時間、まるでご自身の家のように貸し切りで過ごしていただき、その後、家づくりアドバイザーとお話しする時間を設けさせていただきました。

『見学会』という現場で、『保育士』の私が何をしたかと言いますと、、、

ご夫婦で家についてのお話しする間、退屈してしまうお子さんもいらっしゃるので、お部屋の一室を『木のおもちゃ部屋』にして、お子さんたちと一緒にひたすら楽しく遊んで過ごしていました(*´▽`*)

Rootsの家は、まず入った瞬間に圧倒的な『豊かな木の香り』を感じ、本物の木(無垢材)や白い漆喰の壁のおかげで、まるで森の中にいるようにリラックスできます。

外は凍えるほど寒い週末でしたが、家の中は暖房機一台で驚くほど暖かいので、エアコンをしばらく切った状態でも上着を脱ぐのは当たり前で、一緒に遊んでいるうちにじゅうたんの上で靴下を脱ぎ、裸足になるお子さんもいました。

お庭に張ったテントの中におもちゃを運び込んで遊んだり、デッキの上でスープを飲んだりおしゃべりしたり…。

プレーパークやスノーピークのお店で何度かお会いしているご家族の皆さんと現地でお会いできたこともあって、私にとっても充実した楽しい時間になりました。

最近は『キャンプの延長上のような暮らしがしたい』、『お庭でバーベキューをしたい、遊びたい』という、野遊びのある暮らしをイメージされるご家族も多いようです。

キャンプやバーベキューに限らず、雨音を楽しみながら本を読む、旬の食材を使って料理を楽しむ、というような過ごし方も『野遊びのある暮らし』と言えるのかもしれません。

今回の完成見学会に参加して、Roots工務店が建てている家は、子育て世代のみなさんにぴったりの素敵な家だと改めて思いました。

見学されたご家族の皆さんも、口々に『この家にそのまま住みたいです!』とおっしゃっていました。

私もいつかこんな家に住みたいなー。

私の場合は家族という枠を超えて、『Roots Village(ルーツ ヴィレッジ)』を作ることを夢見ています。

小さくて質の良い家があって、中には薪ストーブとじゅうたんがあって。

お庭には、車を置くスペースとハンモックを付けられる木があれば最高。

Villageの真ん中にはファイヤープレイスがあって、気の合う仲間と助け合いながらいっしょに暮らしたい。

そんな夢を見ながら、今日もお仕事がんばりまーす!!

関連記事

この記事へのコメントはありません。