本日、小さな「こども椅子」が入荷しました。
座面が「ペーパーコード」のものと「い草」のもの。

作り手は、Ojn Handmade Hut の和田さんです。

Rootsの森などのイベントでワークショップも何度かやっていただいてました。


下に敷いている絨毯のサイズがW90cm×H60cmです。
大きさ、わかりますか。

小さなものは可愛い。
その小さなものに触れている小さなひとも可愛い。
小さなその目で見るこの世界が
素敵に映っているといいなと思う。
小さなその手で触れるものは
安心して心を許せるものであったらいいなと思う。

子どもの視点はものに近くて
とてもよく見ているから
椅子の木目や座面のかたち、
絨毯の柄や糸一本一本の色を
無意識に記憶していく。


おとなになって
その潜在的な記憶をふと思い出しては
なんだか懐かしい気持ちになる。
いいことも嫌なことも
暮らしの風景として記されている。

子どもは汚すからいい絨毯は心配・・・
子どもにいいものを使わせるのはもったいない・・・
というお話をお店でもよくお客様よりお聞きしますが、
心配もいらないし、勿体無くもない。
と思うのです。

理屈ではなく、人生のうちでいちばん感覚がフレッシュな時期の
ほんの数年でしかない「子ども時代」に
おとなはどれほどの体験をさせてあげられるのでしょうか。

先日、絨毯をお使いのお客様がお店にいらっしゃった時に、
『自分は特に何か才能があるわけではないし、何かを教えれるわけではないけれど、子どもたちには、小さな頃からいろんな所にとにかく連れて行って、いろいろ体験させた。それが何になるのかはわからないけど、体験って大事だと思っているんです。』
と、こんなようなお話をしていました。

成長のために必要なのは「経験」と「環境」なのかもしれませんね。
そのどちらも、おとなが作るもの。
子ども時代にどんな「環境」に身を置けるかは、
その後の人生に必ず影響してくる気がします。

手仕事の道具から学ぶこともたくさんあります。
ぜひ、ひとつでも
子ども時代に「いいもの」に触れさせてあげる環境を
作ってみてはいかがでしょう。


こちらは、塗りのお箸と豆皿。
会津のほくるし堂・二瓶さんの作品です。
おとなになってから、このお箸を見ると、
「いいもの使わせてくれていたんだな」と
親に感謝する気持ちが芽生えるかもしれませんね。

<今回ご紹介した暮らしの道具>
こどもの椅子 / Ojn Handmade Hut
漆器・箸 / ほくるし堂
絨毯 / GOSHIMA絨毯(赤)、マラティア絨毯(緑)
*全てRootsShopにてご覧いただけます。


写真は、猪苗代町のお隣・磐梯町の風景。
ほんとうに雪がなくて寂しいです。

—————————————
Roots Shop -本物と育てる暮らし-
—————————————
営業時間:10:00-17:00
定休日:火、水、木
※イベントや企画展中は営業日時に変更あり

◎開催中(画像をクリックすると詳細ページに飛びます)

◎次回企画展予告(画像をクリックすると詳細ページに飛びます)

◎SNSやっています!是非フォローを!
[Facebook]
https://www.facebook.com/RootsShop.inawashiro/
[Instagram]
https://www.instagram.com/rootsshop_inawashiro/

◎メルマガ登録はこちら

関連記事

この記事へのコメントはありません。