Rootsの森で2年半の間、晴れの日も雨の日も、雪の日も風の日も、

ほとんど休むことなく活動してきたプレーパークの活動を、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、先週末からしばらくの間、お休みとさせていただいております。

4月頭の「テントの森」までは、プレーパークは基本的に野外で行うイベントなので、

いわゆる「3密(密閉・密集・密接)」には当たらないだろう

手指のアルコール消毒や、マスク着用などの対策をすれば問題ないのではないか、という考えで開催していましたが、

「緊急事態宣言」を受けて、そうも言っていられなくなりました。

Roots猪苗代は、工務店という母体の他に、カフェやショップを運営しているので県内外の人がたくさん集まる性質を持っており、

お客様やスタッフの安全を最優先に考えた結果、しばらくの間、Roots猪苗代・Roots郡山共に、しばらくの間お休みさせていただくことになりました。

(ですが、Roots工務店は、感染予防対策をしながら通常通り営業していますので、家づくりのご相談や打合せに関しては、今までと変わらず進めさせていただいております。ご安心ください。)

そんな経緯で、突然プレーパークがお休みになってしまって、寂しい一週間を過ごしていましたが、

昨日は久々に森に子どもたちの声が響きわたりました!

猪苗代の農家「のうのば」さんが運営する、森のようちえん『こめらっこ』の皆さんです。

プレーパーク活動開始当初から、だいたい月1回のペースで平日貸切の活動場所として遊びに来てくれていて、地元の常連ママ達が集うアットホームな会となっています。

昨日も5組の家族がゆる~く集まり、焚火を囲んでパンを焼いたり、お釜でご飯を炊いて食べたりしながら、

子どもたちは森の中を元気に走り回り、お母さんたちは日々の不安や心配事を話しながら、せっせとお昼ご飯を作っては大いに食べ、たまに立ち寄るこども達にご飯を食べさせ、大いに笑って、のんびり過ごしていました。

(photo by komerakko_inawashiro)

「緊急事態宣言」が全国に発令された今、このような集いも今後は開催が難しくなってくると思いますが、

こんな時だからこそ、子育て中のママたちが少しでも息抜きできて、他愛のない話でストレス発散したり、おいしいものを食べたり、こども達がのびのび自然の中で走り回ってエネルギーを発散したりできるような場所の大切さを、改めて実感した一日でした。

プレーパークのお休みはまだしばらくの間続きますが、活動を再開するときには、皆さんがあっと驚くようなワクワクプランとなってリニューアルオープンしますので、どうぞその時を楽しみに待っていてくださいね!

今は、がまんの時。

ですが、こんな時だからこそ、自分の人生で大切にしたい時間の使い方、日々過ごす場所や空間の作り方、人間関係の在り方、じっくり考えてみるのも良いですね。

今日も、みなさんにとって学びや気付きのある素敵な一日になりますように。

関連記事

この記事へのコメントはありません。