着々と引っ越しをしております。
物を運ぶだけでなく、大工さん達と現場打ち合わせをしたり、rootsの今後のあり方やコロナ対策を話しあったりして充実した日々です。

新天地は山潟小学校!
少し奥まったところにありますが、猪苗代湖から吹く浜風で連休中の暑さの中でもやたら寒い感じ笑
夏場はエアコン無しでも居れるくらいと聞いていましたが、まさかここまで涼しいとは…

と言う事は冬は寒いのか?
でも薪ストーブは設置するので冬はそれなりに暖かいかも
そうそう山潟小学校は昔薪ストーブを設置してたみたくて小学校の建物中に排煙管があり屋上から煙がモクモク

今度は店の一箇所に薪ストーブが設置されていなくて各店舗ごとに薪ストーブがあるので、見て回るのも面白いですよ!
それに薪ストーブの専門店のventoさんも店舗に入るので薪ストーブのことなら何でも気軽に聞いてみてくださいね!

スノーピークInフレイムに旧煙突の木にあったログの躯体とかが設置されるので、さらなるアーバンアウトドアのイメージがより鮮明になります

今回のカフェのイメージはシンプル
山潟小学校にあった備品を使った店舗作りで、想い出を残しつつ可能性を模索する
僕の考えの中でゆずり葉ってのがあり、ゆずり葉は葉が落ちてもすぐ次の葉が生えてきて葉を譲り繋いでいく
家も考え方や時代もあるかもしれないけど思いを繋いでいくっていいですよね。

学びの校舎に戻ってくる、そこにはいくつもの想い出といろんな記憶がありそこに居た人しか感じとれない事かもしれないけど、子供頃の記憶は憧れとともに残ってると思う

そんな学びの校舎でカフェをできるのは新たな記憶の一部になるのかもしれない
そしてこれを繋いでいく
紡いでる糸のように

コロナでいろんな制限や不自由や新たな発見をしてる今、これもゆずり葉で繋いで新たな価値観を見つける一つの手段になるかも

デメリットはメリット
良くも悪くも考え方次第!

さて…
どんなカフェになるかなー

関連記事