人間が他の動物と異なり、劇的な進化を遂げた理由は、

「火」と「道具」と「言葉」

を使いこなすことができるようになったから、という話を聞いたことがあります。

本来、どれも私たちの日々の暮らしに欠かせない要素ですが、

最近は、これらをうまく使いこなせない人が増えているようにも感じます。

なんでも携帯やパソコンなどの機械やAIが解決してくれて、

ボタンひとつで寒い・暖かいを調節できることが当たり前となりつつある現代の暮らしの中では、それも無理ないことなのかもしれません。

その時代の流れと逆行するかのように、今は「冒険」や「キャンプ」がちょっとしたブームです。

自然の中で自分の限界にチャレンジしたり、わざわざ面倒なことを楽しんだり、

「手間のかかること」をあえて楽しむ人もいます。

「自分の責任で自由に遊ぶ」というモットーを掲げるプレーパークでは、

普通の公園とは異なり、こども達が「火」やナイフやのこぎりなどの「刃物」を自由に使える環境を用意しています。

ちょっとの痛みややけどを経験しながらでも、自分の意志で「やってみたい」と決めたならば、大人は正しい使い方を伝え、そのチャレンジを見守ります。

「火」や「道具」は、使い方を間違えると怖いけれど、コツを掴んで自分で使いこなせるようになると、とっても便利。

自分でやれることの世界がぐんと広がり、自分の力でたくましく生き抜く土台となります。

グロンボロンの森に遊びに来たこども達には、ぜひ本物の火を見つめて、本物の道具を使うチャレンジをしてほしいと願っています。

Roots猪苗代のグランドオープンは10月なので、プレーパークもまだしばらくお休みです。

ですが、この度ご縁がつながりまして、

磐梯町にある『Living Anywhere Commons 会津磐梯』さんにて、出張イベントを行うことになりました(*´▽`*)

題して『出張Roots猪苗代 初めてのナイフ&焚火体験』

Living  Anywhere Commons 会津磐梯さんは、磐梯町の七ツ森にある今話題の定額制リビングサービスです。

そのお庭の片隅にテントを張らせていただいて、こども達の「はじめての体験」をお手伝いさせていただきます。

ちなみに、フェザースティックとは、木の枝や薪を羽のようにうす~く削ったモノ。

自分で作ったフェザースティックで火をおこして、焼きマシュマロなど焚火を楽しむ企画です。

イベントページはこちら

この日のために、こども用のナイフとして「OPINEL 07」を新調しました!

見た目は可愛いですが、切れ味抜群。

刃先が丸く、ロック固定の安全設計もしっかりしていて、こどもの手に収まるサイズ感もGOODです。

日時は、9/22(祝火)12:00~16:30

参加費無料、いつも通りマシュマロは1カップ100円で販売します。

マグカップなど、いくつかスノーピークグッズも販売する予定でいます。

こどもの「はじめて体験」を応援したい方、童心に帰ってワクワクしたい大人のみなさん、

七ツ森でお会いできるのを楽しみにしています!!!

関連記事

この記事へのコメントはありません。