何気につけてたTVで
料理を作ってるYouTuberが芸能人みたいにファンがいると

なんの素っ気も飾りっけもない
タダの調理風景
でも癒される
この人の使ってる調理器具が欲しいと

そのYouTuberは暮らしの中の小さな幸せを届けたい
例えば魚屋さんで良い魚を手に入れたいとか
そして飾らずにありのままを届けたい

なんかわかるなー
いつかの講習受けた時に講師の先生が言ってたっけ
100の言葉で美味しいですよと言うより一口食べてもらった方がお客様は納得すると

そのYouTuberも同じなのかも飾らずにありのままを

案外答えはあたりまえの中に転がってのかもしれない

関連記事