お家は、住む人によって間取りもデザインも様々です。

Rootsの家づくりでも薪ストーブを入れるお客様が多いです。

薪ストーブもその家々によって、設置場所はもちろん、住んでからのストーブ周りの設えも個性があります。





冬はクリスマスや年越しと一年の中でも大きなイベントがあり、薪ストーブの周りにも、
リースやスワッグなどを飾ることが多く、
この時期はリースやスワッグづくりを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

12月6日(日)にRoots猪苗代で開催した「人の駅 暮らしの教室」ではリースづくりのワークショップを担当しました。
今回はSNSを中心にお知らせをさせていただきましたが、
当日はリースづくりを目掛けてきていただくお客様もおり、
やっぱり皆さん自然や植物に触れることが好きな方が多いんだなと感じました。

今回のリースづくりでは、カフェを運営しているFlos Herbaの畑で採れたハーブに加え、
猪苗代に自生している植物を使って小さなリースを作りました。
参加された皆さん思い思いに素敵なリースを作ってくれました。

最初は、「どうかな、こんな感じ・・・? う〜ん。」と悩まれていた方も
手を動かしながら他の参加者の方とお話していくうちに、色んな組み合わせを見つけていました。

今回のワークショップ開催を通して、一人では考え付かないことも、
誰か他の人のちょっとした一言や行動から新しい発想が産まれる楽しさ、面白さを感じました。

今後も、ハーブや自然の物を使ったワークショップを開催できればと思います!

また、毎週日曜日に開催している「プレーパーク グロンボロンの森」では、
焚き火や工作なども自由にできるのでぜひそこでも自然に触れて楽しむ時間をお過ごしいただければと思います。

 

関連記事