Roots猪苗代が、人々の賑わいを作り出し、日々の暮らしを豊かにする気付きやきっかけを提供するため、毎月1回のペースで開催している『人の駅 暮らしの教室』。

昨年の12月に引き続き、昨日今日の2日間で第2回目を開催しました。

ところが、初日は朝から激しいホワイトアウト…(泣)

Roots猪苗代前の国道49号線が大渋滞になり、Rootsスタッフも出店者のnico&nanotteさんも、果たして小学校までたどり着けるのか??とヒヤヒヤするスタートでした。

2日目の今日は明るく太陽が顔を出しましたが、相変わらず強風が吹き荒れ、グロンボロンの森のメインメニューは、校庭の真ん中に作ってもらったそりすべりコースでの「ホワイトアウト」体験でした。

寒くても遊ぶぞ!という気合が感じられる、スノーウェアやスノーブーツで遊びに来てくださったご家族が多く、強風の中でもたくましく風を切り、そりを走らせる勇者たちの様子を何組も見させていただきました。

家や会社の中に引きこもってばかりの毎日が続くと、心の中にもやもやと溜まるり続けるものがありますよね。

ほんの短い時間でも外に出て、そりに乗ったり、大風が吹いたりした時に、思い切り「キャー」と腹の底から叫ぶだけでも、心の中にたまっていたものが外にパァーっと出ていく感じがして、なんだかスッキリするものです。

さて、今回の暮らしの教室にご来場くださった皆さんは、どんな暮らしの気付き・きっかけが得られたでしょうか?

工務店、アウトドア、カフェ、ショップ、そしてプレーパークというそれぞれのアプローチから、皆さんの日々の暮らしがちょっとだけワクワクするようなものや考え方、ずっと愛着をもっていっしょに暮らせる相棒と出会えることができたなら、とても幸せに思います。

今回は、猪苗代名物・深谷さんちの「雪下キャベツ」の直売もしました。

雪の下で雑味が抜け、甘さが熟成されたキャベツの味。

運よく手に入れられたみなさん、いかがですか?

甘いですよねー(*´▽`*)

来月の暮らしの教室では、このキャベツの収穫体験も企画しています。

Roots猪苗代に集合して、キャベツの特徴や収穫方法などの話を聞き、車で10分ほどの距離にある雪下キャベツ農家・深谷さんの畑に伺い、実際に雪の下で育ったキャベツを掘って、収穫体験をさせていただきます。

そして再びRoots猪苗代に戻って、cafe entotsunokiのシェフ特製の「あったか雪下キャベツスープ」を味わうという、雪下キャベツのスペシャルツアーです。

日程は2/20(土)13:00-15:30、定員は先着3家族12名程度とさせていただきます。

参加費はおとな2,500円、こども(小学生以上)1,500円。

ひとり1つずつ、自分で掘った雪下キャベツのお土産付き!

他ではなかなか味わえない、大自然の恵みを感じる冬の猪苗代ならではの体験ツアーです。

来月頭には、HP/FBにイベントページができますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

真冬の忘れられない思い出作り、ぜひ、ご一緒しましょう(*´▽`*)

関連記事