三寒四温を繰り返しながら、季節は着実に春に向かっています。

FLAMEにご来店されるお客様の中にも、いよいよ本格的にキャンプを始めたいからと、テントをお求めになる方が増えてきました。

Roots猪苗代校舎裏にある「水芭蕉の里」の木道も先月に無事に完成し、先週末は地元の上戸・山潟地域の皆さま限定で開放しました。

今年は水芭蕉の花が咲くのも早く、木道の奥の湿地に佇むたくさんの白い可憐な姿を見つけることができます。

先週の土曜日に、木道を歩いてみました。

ボランティアさんのおかげできれいにゴミもなくなり、今まで10年以上誰も寄り付かなかった水芭蕉の里が再生したことを実感し、とても嬉しく思いました。

皆さんの憩いの場所になるよう、休憩できる場所を増設したり、今後も少しずつ進化を遂げる予定でおります。

さて、この水芭蕉の里復活プロジェクトでは、クラウドファウンディングにより心を寄せてくださる方々からたくさんのご寄付をいただきました。

そのリターン品として、こっそりご紹介していたのが、2021年春に完成予定の『ROOTS CAMP SITE』の1day&年間パスポート。

スノーピークのギアを取り扱うFLAMEにお客様から、「ここでキャンプできたら最高ですよね~」という声を昨年からたくさんいただき、春になったらキャンプサイトを作るぞ!!という意気込みの表れとして、リターン品にさせていただきました。

(このリターン品をチョイスしてくださったE様、本当にありがとうございます✨)

はじめての冬を越えて、ようやく春を迎えつつあるRoots猪苗代では、キャンプサイトを含めさらに進化と遂げるべく校庭の改装工事について、只今絶賛準備・検討を進めております。

それに先駆け、先月27日に福島民友新聞社さんより発行された『FUKUSHIMA CAMP BOOK』に、FLAMEの広告を掲載させていただきました。

携帯しやすいA5サイズで、お得なクーポンもついていて、個性あふれる県内各地のキャンプ場情報が収集できるとっても便利な本です。

福島県内のおすすめキャンプ場が紹介されている便利な本で、県内の書店やコンビニ、そしてFLAMEでも販売しています(税込み1,100円)。

キャンプシーズンいよいよ到来!気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね(*´▽`*)♪

関連記事