続、ライム

ライムの収穫は8月ごろなのでまだまだ先なのですが、気持ちははやるばかりです今年は曇り日が多く気温も低く農家にとっては心配の種ですねどよーんとした空にもかかわらず元気に育つライムを見ているとなんだか癒やされます今からライムを何に使うかワクワクしながら…

バジル

ジェノベーゼソースにしたりピッツァにのせたりお馴染みのハーブですねバジルはシソ科の植物で和名‘メボウキ’品種がたくさんあって数十種類にもなりますバジルにはライム、シナモン、クローブなどいろいろな香りがあって料理に使うと幅が広がりますシソ科同士の…

受験生のハーブ?

受験生って大変ですよね部活に勉強、日々休みがないくらい僕の子供の時よりかなりハードになってるような…と言っても僕は勉強嫌いでほとんど勉強という勉強をしてこなかったですけど笑(興味がある物だけは別)特に暗記とか苦手でしたねーハーブの勉強を…

神様に怒られる!?

先日ハーブのマートルを挿し木しようと挿し穂作りをしていたとき、ふっとマートルって何かに似てるなーと思っていたらたまたま目についたヒサカキがマートルにそっくり!ヒサカキと言えば神棚に飾る植物で 榊が育たない寒い地域ではヒサカキを飾るみたいですねそれな…

カモミール

ピーターラビットの物語にも出てくるハーブカモミールカモミールの語源はギリシャ語の「大地のリンゴ」という意味からその香りは中世で床にばらまいて部屋を香らせたともおしゃれですね!日本名はカミツレ!数種類あり、大まかにジャーマンカモミール(一年草…

インスタ映え?

マロウブルーとも夜明けのハーブティーとも呼ばれるサプライズティー古くから健康茶としても親しまれていて、モナコ王妃グレース・ケリーも生涯愛したとも言われるハーブティーです写真は抽出の違いで、左側が水出し、右側がお湯出し抽出の仕方で色が…

ティーツリー

ティーツリーの花が咲きました。ティーツリーの精油は強力な天然の消毒薬とも言われています。ティーツリーは細菌の細胞を直接破壊するとの記事を見たことがあります。第二次世界大戦でのオーストラリア兵はティーツリーを常備薬としていたそうです。…

エルダー

エルダーの花が咲きました。とっても小さな花の集まりでほのかなマスカットのような香りです。ドライのハーブティーもおすすめ。海外ではインフルエンザにも効果が期待できるとも言われています。インフルエンザといえば最近見た記事でタミフルの世界使用量の3/…

お店に入ってまず口にするのが水。その水が美味しくないとちょっと残念な気分になります。海外では水は有料が多く日本のように席につくと水が出てくるって凄いサービスだなと思います。日本ではあたりまえに捉えてしまうことでも海外では非常識だったりと、海外に…

マロウ

ハウスに植えてある?(勝手に咲いてる?)マロウの花が咲きました。マロウはハーブティーとして利用され、花を乾燥させてお茶にすると青いブルーのお茶ができます。そのお茶にレモンなど酸性の液体を加えると鮮やかなピンク色に変化し目を楽しませてくれます。…