since 1990 グリーンライフの歩みから生まれた、"Roots"という新しい提案

株式会社グリーンライフは、1990年より、本物の暮らしを追い求めてきました。
その実績をもとに、グリーンライフは更なるスタートを切ります。
ずっと本物を追求してきたからできること。
これまでの株式会社グリーンライフの歩みから、Rootsという新たな提案をはじめます。

グリーンライフの歩み

一日一日に根をはり、家族の歴史を刻む家と暮らし。

私たちの生活中心にあるものは「家」です。
安心して眠れること、心身共に健康であること、あたたく美味しいご飯が食べれること、好きな人や好きなものと共に暮らせる喜び、泣いたり笑ったり思い出をたくさん創ること。それは、全て、生活の土台となる「家」がしっかりと立っているからこそ得られることです。「家」は、人が育まれる巣であり、未来へ繋ぐ歴史をつくる場所です。

「家」がどんなに立派でも、暮らし方が雑では意味がありません。逆に、どんなに豪華な暮らしがあっても、「家」がそれに見合っていなければ意味がありません。また、「家」と「暮らし」のバランスは「健康」であってこそ成り立つものです。「よい家」で健康的な「よい暮らし」があること。「家」と共にどんな人生(暮らし)を送るかということは、「家」の価値と同じく大切なことです。

一日一日「家」に刻まれる「暮らし」を育てていくことは、100年以上続いて行く次世代やそのまた先の世代に意味ある価値を残すことです。育てる楽しさがある「暮らし」には、丈夫で長く使える上質なものと共に生活があります。

Roots 育てる暮らしには「本物」がある。「本物」だけがアンティークになる

Rootsは、家族の歴史を刻む相棒となる「本物」を、
「家」という土台を中心として、次の世代に胸を張って残せる
価値ある健康的な「暮らし」をご提案します。

since 1990 グリーンライフの歩みから生まれた、"Roots"という新しい提案

<主催>株式会社グリーンライフ<協力>XXXXXXXXXXX<ディレクション>風の壺と羅針盤<相談役>今井正人