こんにちわ Newスタッフ鈴木です。

突然ですがみなさんの憧れの家はありますか?

幼少期からふんわりとほんわりと理想の家のイメージって
誰にでも生まれてくるものなのかなって思っていました。

大きい窓と高い天井。風がよく通って心地の良い広い空間。
私の理想の家はそんな感じで。

ただ、大人になるにつれて住む家が変わったり色んな環境に身を置いていると
家に対する考え方や価値観に新しい風が吹くわけです。

一人暮らしを始めた学生時代、空き巣に入られた1階のアパート。
急遽引っ越した学生にしてはちょっと良いマンション。
就職して移った都内の家賃がばか高いマンション。
図々しくお世話になった姉の嫁ぎ先の実家。
オーストラリアの広すぎる農場にあるポツンと一軒家。
(朝起きたら家の周りはカンガルーに囲まれている)
外一面に広がる海の景色が映画みたいだった高層マンション。

今はAirbnbなどの民泊サービスも充実しているので
短期間でも泊ってみたいなーと思うドリームハウスにも簡単に住めてしまいますよね。

色んな環境に触れて、自分が幸せに感じるポイントを探すのは大事です。
自分の感情の動きや楽しみをよく知っていてコントロールできることは
喜びの多い人生を送る大切な要素だと思うからです。

そうして思うのはやっぱり一軒家。

いつか建てたいなぁと思わずにはいられません。

この度Rootsに入社して、お客様と家づくりアドバイザーの様子を伺って、
現場の大工さんや多くの業者さんとの関わりを見て知って初めて
家づくりの大変さや1つものを皆で作り上げるという熱い想いを感じました。

それはそうですよね、自分だけのドリームハウスを作るんですから。
これまでの多くの経験を経て考える”自分の夢”を形にするんですから。

家づくりは夢づくりです。

過去にRoots工務店(グリーンライフ)が作り上げてきた多くの夢のかたち(作品)を見ると
心が震えたり、鳥肌がたったりします。

自分が家をつくることはまだまだ想像できませんが、
家づくりを検討されている方みなさんが、大人になって新たに抱いた憧れや夢を
後悔なくかたちにすることができますように。

ではまた。

関連記事