先週末は、早いものでもう第7回目となる『ひとの駅マルシェ』を開催しました。

梅雨明け直後の暑い週末でしたが、たくさんの方にご来場いただきまして、ありがとうございました(*´▽`*)

今回はグロンボロンの森の片隅で、初の試み『軽トラ朝市』という企画をスタート!!

Rootsに来場される皆さんに、地元の農家さんが自然豊かな猪苗代で作ったおいしい野菜やお花をご紹介する場を作り、猪苗代の魅力を発信したい。

こんな時代だからこそ、リアルに人と人が繋がる場所を作りたいという思いで始めた企画です。

直前まで出店者さんの目途がなかなか立たず(汗)ドキドキしましたが、いつもイベントでお世話になっている「のうのば」さん、2月に雪下キャベツの収穫体験でお世話になった深谷さんをはじめ、プレーパークでご縁をいただいたママ達や、地元・上戸地区の農家さんなど、皆さんのご協力でアットホームな朝市を開催することができました。

プレーパーク常連の子どもたちが「売り子」さんとして活躍してくれたのが、とってもかわいくて嬉しかったです💛

そして、グロンボロンの森も「ひとの駅マルシェ」に便乗して、2日間連続開催!!

とっても暑くなる天気予報だったので、久しぶりにビニールプールを設置。

木陰でピチャピチャ水浴びしたり、時にホースで水蒔きをしながら、暑さをしのぎました💦

そして、今回大好評だったのが朝市でゲットした新じゃがを使った『焚火でじゃがバター作り体験』✨

焼き芋作り同様、水でよく洗ったじゃがいもを新聞紙で包み、水で湿らせ、アルミホイルで2重に包んで、焚火の中にIN🔥

約20分ほどでお芋が焼けたら、バターを乗せてハーブソルトを一振りして、おいしいじゃがバターの出来上がり!!

アツアツ・ホクホク出来たてのじゃがバターのあまりのおいしさに、おかわりする少年もいた程でした(*´▽`*)

イベント終了後、お土産に朝市コーナーでじゃがいもを購入し、おうちでもまたじゃがバターを作ったというSNS投稿も拝見し、とってもうれしく思いました。

さてさて、今週はいよいよ夏休み期間に突入ですね!

7/22(木)-25(日)はグロンボロンの森、なんと4日間連続開催しまーす!!!!

そして、夏休み特別企画として『組んでばらせる木のジャングルジム』をのうのば 土屋勇輝さんのご指導のもと、

おとなもこどももいっしょになって、ジャングルジムを組み立てます(*´▽`*)

組み立てた後は、もちろんこんな風に自由に登って遊べます!

組み立てからいっしょに楽しみたい方は、22日(木)13時頃からスタートしますので、ぜひ参加してくださいね~♪

関連記事