昨日今日は、Roots猪苗代の恒例イベント『第8回ひとの駅マルシェ』を開催しました。

ご来場いただき、感染症対策にご協力いただきながら、マルシェを楽しんでくださった皆様に、心から感謝申し上げます!

心配されていたお天気にも恵まれ、寒い寒いと過ごしていたお盆期間とはガラリと季節が巻き戻り、真夏の暑さを満喫する週末となりました。

それでも、森の中を吹き抜ける風はとても涼しくて心地よくて、キッチンカーで美味しいものをゲットしては、木陰でゆっくり食事を楽しむ家族の姿や、砂山やターザンロープで思いっきり体を動かし遊ぶ子どもたちの姿に、とても癒されました。

今回のマルシェでは、福島大学食農学部のやる気あふれる学生さんがマルシェのお手伝いをしてくれました。

この学生さん達は「いなわっしょい」という屋号を掲げ、プレーパークの奥にあるRootsの畑の一部をお借りして、今年の春からゼミの授業の一環として野菜作りにチャレンジしています。

今回は「軽トラ朝市」で野菜を販売する地元の農家さんのお手伝いをしながら、運営側の様々なお手伝いを通して、猪苗代の活性化にも協力したいと申し出てくれている彼ら。

今日は、昨日収穫したてのちょっと早熟のトウモロコシをグロンボロンの森にたくさん差し入れしてくださったので、焚火コーナーで焼きとうもろこしにして、ふるまいました。

焼くのは私なので、いつものようにワイルドな【皮ごと丸焼き】で提供しました。

(こうするとトウモロコシ自身の水分で蒸されて、甘くてとっても美味しくなりなす!しかも簡単で片付けいらず!!)

早熟とは言え、プチプチの食感が弾けるとっても甘いトウモロコシなので、子どもたちも「おいしい!おいしい!」と、夢中になってかぶりついていました(*´▽`*)

来月は、「いなわっしょい」の学生の皆さんも出店者として「軽トラ朝市」に参加予定です。

ぜひ彼らの取り組みにも興味を持って、コミュニケーションをとっていただけたらなと思います。

森の中は何時間でもいれちゃうので、今回も朝から夕方までずーっと長時間滞在されるご家族も多く、ご自宅の庭のように寛いで過ごしてくださっている様子がたくさん見られて、とても嬉しかったです♪

さて、次回のひとの駅マルシェは9/25(土)・26(日)です。

新しい出店者さんも増えて、また新しい風が吹くマルシェになると思います。

そして、森では6月に実施して大好評だった『ツリークライミング体験』も開催予定です(*´▽`*)

次回もまた、皆さんの生活が豊かになる、新しい発見や気付きの生まれるマルシェになりますように。

お会いできるのを、心より楽しみにしています!!

関連記事