秋は外遊びのベストシーズンですね。

最近のグロンボロンの森は毎週お天気に恵まれて、とても気持ちの良い時間を過ごせています。

先日、大玉村にある大人気のキャンプ場「あだたらフォレストパーク」さんに日帰り出張してきました。

県主催の「自然遊び」の講師としてお招きいただきまして、5家族15名の皆さんと「くるくるあそぼうパン」作りを楽しみました。

あだたらフォレストパークさんには、立派な野外炊事場があるので、それぞれ自分たちのパン生地をこねるところから体験していただきました。

ふわふわの強力粉にドライイースト、塩、きび砂糖を加え、水を少しずつ入れながらこねていき、最後にバターを加えます。

はじめはうまくまとまらなくても、こねているうちにだんだんと粘土のようにまとまってきます。

指に付いた生地もしっかり合流させて…

まぁるく玉のようになった生地を寝かせている間に、焚火をスタート。

普段からキャンプや自然遊びが好きな親子さんが多かったこともあり、マッチでの着火もとてもスムーズでした。

焚火がちょっと落ち着き熾火(おきび)になったところで、「私の考える焚火で焼いたらおいしいものベスト3」を発表!

まずは、上手に焼くとふわふわトロトロに変化する「マシュマロ」、皮がパチンとはじけるまで焼くのがコツの「皮つきウィンナー」、そして中がトロトロ、外側にちょっと焦げ目をつけるまでじっくり焼きたい「キャンディチーズ」を皆さんにお配りして、「焚火deおやつタイム」を楽しみました。

その後、発酵したパン生地の空気を抜いて、適度な大きさにちぎった生地をヘビのように細長くしてくるくると棒に巻き付け、いざ火のもとへ。

炭火でじっくり15分程かけて、全体がきつね色になるまで焼き上げると、おいしいあそぼうパンの出来上がりです!

いつも森で提供しているより、ビッグサイズなパンとなりましたが、みなさん「おいしい、おいしい!!」と喜んで召し上がっていました。

そして翌日の森には、5組中3組の親子が、グロンボロンの森に遊びに来てくださいました~♪

ちょっとした同窓会気分で、とっても嬉しかったです(*´▽`*)

もし、需要がありましたら、あなたの街にも「出張くるくるあそぼうパン」提供しに参ります!

グロンボロンの森でも「くるくるあそぼうパン」は不定期に開催しますので、やってみたい方はグロンボロンの森のFBやインスタをチェックしてみてくださいね。

関連記事