BLOG

スタッフブログ

園外保育のすすめ

先日、グロンボロンの森に、某幼稚園の先生方が遠足の下見に来てくださいました。

来月に行う年長さんのお泊り保育のレクリエーション場所として、森で遊ぶことを検討してくださっているとのこと。

グロンボロンの森は、樹齢1,000年以上ではないかと言われるご神木のようなヒバの木をはじめとする立派な木々に囲まれ、ブランコやうんていといった遊具の他にも、大きな砂山や砂場、ターザンロープがあり、ハンモックやスラックラインの綱渡り、工作、焚火なども楽しめます。

また、校舎裏にある「水芭蕉の里」もご紹介しました。

木道を歩いた先生方は圧倒的な緑の迫力に驚かれ、普段の園の生活ではできないことを、ぜひ園児たちに体験させてあげたいとおっしゃっていました。

来てくださることになったら、あとは当日の天候を祈るばかりです。。

最近、全国のプレーパークで、幼稚園・保育園によるプレーパークの利用が増えているそうです。

グロンボロンの森にも、今回のようなお泊り保育や親子遠足など、園外保育の企画として団体利用したいという問い合わせが増えてきています。

狭い園庭だけでなく、広々とした環境で思い切り外遊びをさせたい。

植物や虫、土、火、水など、本物の豊かな自然環境で、子どもたちの「やってみたい」という好奇心を刺激したい。

大人が課題を与えるのではなく、子どもたちの主体性を伸ばす、自由に遊ぶことの大切さを改めて認識する先生方が増えているように感じます。

プレーパークのモットーである『自分の責任で自由に遊ぶ』という考え方に触れ、大人が必要以上に声をかけてしまっていないか、子どもを信頼せずに、挑戦する・そして失敗するチャンスを奪ってしまっていないか、普段の子どもとの関わり方を振り返る、良いきっかけにしていただけたらと良いなと思います。

実際に子どもたちが夢中になる姿、自由な発想で遊ぶたくましさを目の当たりにして、「この子はこんなことが好きなのね」「こういう場面でこんな表情をするんだ」と、見守る先生方にも新しい発見がたくさんあると思います。

子どもたちにとっても、いつも一緒に遊んでいるお友達や先生と、森の中で自由に遊ぶという体験は忘れられない思い出になることでしょう。

園外保育をきっかけに多くのご家族がプレーパーク、グロンボロンの森の魅力を知り、日曜日にまた家族みんなで足を運んでいただけたら、とても嬉しく思います。

*******************************************

【グロンボロンの森 園外保育のお問合せはこちらまで】

園外保育の受け入れは、予約制となります。

事前に下見にお越しいただき、概要・料金についてお伝えします。

詳しくは、担当スタッフ大室までお問い合わせください。

TEL:0120-91-3969 Mail:toiawase@roots.jp (担当:大室)