BLOG

スタッフブログ

自然素材でアロマバーム作り

こんにちは、鈴木です。
最近の猪苗代は冬の本気を出してきました。
車に乗る前の雪かき、乗ってからの車を暖める時間、
何かと忍耐が必要な瞬間は多々ありますが、
こんなときだからできることを発見。

それは、撮影!

若手メンバーでアウトドアショップFLAMEの新商品撮影をしたのですが
背景の白さと舞い散る雪が良い感じに映り、大満足です(*^^*)

Rootsスタッフの愛用者も多いSnow peakのインサレーション、
ベージュ/アイボリー/ブラックの三色と
ユニセックスの6サイズ展開と豊富ですので是非試着してみてくださいね♬

さて、本題ですが
Rootsの暮らし・薪ストーブのある暮らしの一例を紹介します。

昨年、アロマ検定1級を取得しました。

暮らしの中にアロマ精油を取り入れることで、
からだやこころの状態を良くすることができることを知り
植物のパワーに驚かされています。

自然のもの、ヒトの手が加わってないものを使うと
からだが本来持っている治癒力や、鈍感になっていた感覚を
取り戻せるような気がしませんか?

ちなみに精油(エッセンシャルオイル)とは、

「植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、
有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。」※アロマ環境協会より
とされ、実際に油分が入っているわけではなく
100%ピュアでないと精油とは言えません!

バラの精油1キロを抽出するのに、約3~5tものバラの花を使用します。
希少なローズ・オットーの精油1滴には、約50~150本程の花びらが必要だそうで、
よく見るあのアロマ精油の小さな瓶がとても貴重で有難いものだと感じずにはいれません。

さて今回はお好みのアロマ精油を使って保湿バームを作ってみましょう♪

材料(20ml缶に入る量)

・蜜蝋 約2g・・・ミツバチの巣を構成している蝋(ロウ)を精製したもの
・ホホバオイル 約10ml・・・「ホホバ」という植物の種から抽出される自然由来のオイル
・お好みのアロマ精油 3~4摘

①ビーカーに計量した蜜蝋とホホバオイルをいれます。

②湯せんで溶かしながら串で混ぜます。(薪ストーブを使用しました)

③冷めないうちに缶にオイルを注ぎ、そこにアロマを垂らします。

④固まりきる前に混ぜたら、完成です。

香りも優しく保湿効果も抜群の手作りアロマバーム、ぜひお試しあれ♪

ー-------------------------

「もっと、自然に」(株)Roots

本日はプレーパーク グロンボロンの森も開催しています。
お気軽にお立ち寄りください♪