BLOG

スタッフブログ

森が育むちから

気持ちの良い秋の晴天が続いていますね☀

先週末の『ひとの駅マルシェ』にはたくさんの方にご来場いただきまして、ありがとうございました!

土曜日はあいにくのお天気でしたが、日曜日は素晴らしいお天気に恵まれました。

朝の『さつまいも収穫体験』からはじまり、『森のフリーマーケット』・『くるくるあそぼうパン』、どの企画もたくさんの方にお楽しみいただき、とても充実した一日となりました。

『ひとの駅マルシェ』をきっかけに、「Roots猪苗代」や「グロンボロンの森」に初めて足を運んでくださる方も多く、「こんな素敵なところがあるなんて知らなかった!」「毎週こんな風に遊べるんですか?」などと驚いてくださる方もいらっしゃいます。

「グロンボロンの森」は子どもが主役の遊び場で、毎週日曜日に定期開催しています。

焚火や工作、砂場やスラックライン、ターザンロープやブランコなどなど。

子どもたちが「やってみたい!」とチャレンジしたくなるような遊びのコンテンツがぎっしり詰まっています。

子どもの主体的な遊びは、いわゆる「非認知能力」と言われる、積極性や粘り強さ、リーダーシップやモチベーションの高さなど、子どもの将来や人生を豊かにする力を育むと言われています。

非認知能力は、学力テストなどでは数値化できない「生きていきために必要な能力」です。

特に幼児期から学童期にかけて、非認知能力は遊びの中で育つといわれており、中でも特に「外遊び」を通じて協調性やコミュニケーション力、意欲、有用感などが身につくそうです。

子どもが集中して遊び始めたら、大人はなるべく余計な口出しをせずに見守ってくださいね。

プレーパークの「子どもたちが自分の責任で自由に遊ぶ」という考え方に共感するファミリーが集まっているからこそ、毎週森の穏やかで自由な空気感が作られているのだと感じています。

明日もお天気に恵まれて絶好の外遊び日和になりそうなので、子どもも大人も思いっきり遊んで楽しい時間を過ごしましょう(*´▽`*)♪